ショッピングカートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ
RSS
琉球ガラス,引出物,ギフト

島とうがらし(コーレーグス) 辛みと香りの伝統の唐辛子

島唐辛子,島とうがらし,コーレーグス,唐辛子

辛いだけが唐辛子ではありません。
沖縄の島とうがらしは、辛みだけでなく香りもいい唐辛子です。
スパイシーな美味しさを楽しみませんか。






島とうがらしとは

 島とうがらしは沖縄で昔から栽培されている唐辛子の一種です。
 主に泡盛に漬けて、辛みと香りを引き出し、沖縄の代表的な調味料「コーレーグース」を作ります。コーレーグースはそばやチャンプルーなどにかけると味が引き締まり、美味しさが増します。

香りの良い唐辛子です

 島とうがらしは辛みも強いのですが、その香りがとても良く、沖縄そばには欠かせない調味料となっています。
 泡盛漬けされたものも市販されていますが、生の島とうがらしを使って自分でも簡単につくれます。好みに応じて島とうがらしの量を調整すれば、オリジナルのコーレーグースができますよ。

コーレーグースの由縁とは

沖縄の島とうがらし  島とうがらしは沖縄では「コーレーグス」と呼ばれています。カタカナで書くと何かわかりにくいですが、元々の漢字で書くと意味がわかります。ただ、漢字も2説あるので果たしてどちらがもとなのか人によりまちまちです。一説ではコーレーグスとは「高麗薬」と書きます。薬を沖縄では「グスイ」といいます。ときどき沖縄旅行のパンフレットなどで癒し効果を表現するのに「ヌチグスイ」といった表現が書かれているかと思います。つまり「命の薬」ということです。一方、別の説では「高麗胡椒」という話もあります。いずれにせよ「高麗」という文字が入っていることから、昔に高麗を通じて入ってきたのでしょう。ただ、それ以前に日本通じて大陸に渡ったという話もあり、真相は謎です。日本(大和)→朝鮮(高麗)→日本(琉球)かもしれませんね。


※ご注文は3パック以上でお願いします。
 沖縄は離島扱いのため配送料が高く、当店も送料を負担しております。
 そのため、単品では原価割れしてしまいますので、よろしくお願いします。
 表示価格は1パック当りの価格です。



※現在、島とうがらしに発生している害虫が、本土に生息していないため、植物防疫上、本土への発送を停止しております。
 再開までお待ちください。

島とうがらし(コーレーグス) 辛みと香りの伝統の唐辛子

価格:

298円 (税込)

[ポイント還元 2ポイント〜]
購入数: パック
受付前・在庫切れ
友達にメールでシェア
友達にメールですすめる
携帯ページ




【内容量等】 1パック(50g前後)
【食べ方等】 へたを取り、薬味、酒漬け、オイル漬け、酢漬け等
【保存方法】 冷蔵庫の野菜庫で保存。或は酒漬けや塩漬け。乾燥させる場合は、乾燥器等で素早く乾燥させる。
【日持ち等】 冷蔵:1週間程度
【販売時期】 6〜12月
※農産物の形状は個々により異なります。
※日持ちについては目安です。保存条件により前後します。
※受取遅れによる腐敗については返品・交換できません。
※農産物は、収穫状況により発送の遅れやキャンセルとなる場合がございます。
※島野菜は農薬をほとんど使わず栽培されるため安心なのですが、まれに虫等が着いていることがございます。また、化学薬品で養液栽培された水耕栽培と違い、畑での土耕栽培のため、畑土が着いていることもあります。全て取れきれないため、気にされる方はご遠慮下さい。




料理,調理例,食べ方,レシピ

島とうがらしの料理・調理例


コーレーグース

島唐辛子で作る辛味調味料コーレーグース  沖縄そば屋で定番の調味料コーレーグース(島とうがらしの泡盛漬け)の作り方です。ただ漬けるだけなので、レシピではないのですが、ご家庭でコーレーグースを作って食卓のお供にどうぞ。なお、泡盛は一番安いものでいいですよ。30〜35度のものがベストですが、せっかちな方は60度の「どなん」や「与那国」、「舞富名」といった与那国の花酒をどうぞ。1ヶ月でできます。通常30度ぐらいの泡盛なら2〜3ヶ月はかかります。

コーレーグースの作り方
材料:
 島とうがらし   1パック(約50g)
 泡盛(30度以上) 2合瓶(米焼酎2合)

沖縄の定番調味料コーレーグース  買ってきたばかりの泡盛は少し飲んで量を減らしましょう。程良い酔い加減が、単純作業を楽しくさせます。もちろん醤油瓶など別の瓶があれば、それに移し替えてもいいです。泡盛瓶にそのまま入れるのが沖縄らしくていいのです。
 島とうがらしを軽く洗い、水分をとばした後、へたを取ってそのまま泡盛に入れていきます。小さい実だけに結構面倒くさい単純作業です。へたが着いたままでもいいのですが、取った方が美味しい気がします。
 あとは2〜3ヶ月待つだけ。泡盛に色が付いてきます。入れるときドバッと出てくることがあるので、小瓶に移すといいでしょう。
 なお、減った分ときどき泡盛を足してやると使えます。島とうがらしの色が抜け、ベージュ色になったら新しいものに変えてください。

ゴーヤーピリ辛

ゴーヤーのピリ辛  ゴーヤーの苦味と島唐辛子の辛みがビールによく合います。
 予めワタ取りをし、食べやすい大きさに切ったゴーヤーを塩揉みします。
 フライパンに胡麻油を引き、生の島唐辛子を入れ、少し炒めることで辛みを油に移します。
 ゴーヤーを入れて、火が通ったところで、塩、胡椒、醤油で味を整えます。

シークワーサー胡椒

島とうがらしを使ったシークワーサー胡椒  シークワーサーの爽やかな香りと酸味、島唐辛子の強烈な辛味が、料理の味を引き立てます。
 かなり辛いので、調理する時は子供が近づかないよう気をつけてください。
 シークワーサー約100gの皮を下し金で摺下ろします。緑の部分だけで、白いワタ部分までは摺らないようにします。中身は後で使います。
 島唐辛子約15gのへたを取り、摺下ろしたシークワーサー、塩小さじ1杯、シークワーサーの果汁とともに、ミキサーに入れ、粉砕して、出来上がりです。
※辛味は唐辛子や塩で調節します。

パパイヤ酸辣炒め

島とうがらしでパパイヤ酸辣炒め 1)島唐辛子1〜2個を輪切りに、パパイヤ150gを千切りに、ベーコン少々を短冊切りに、しめじ一摘みをほぐしておきます。
2)フライパンに油を引き、島唐辛子、ベーコンを炒め、ベーコンに焦げ目がついた頃にパパイヤ、しめじを入れ、更に炒めます。
3)パパイヤに火が通ったら、シークワーサー3個分を絞り、塩・こしょうで味を整えます。



島とうがらし(コーレーグス) 辛みと香りの伝統の唐辛子

価格:

298円 (税込)

[ポイント還元 2ポイント〜]
購入数: パック
受付前・在庫切れ
友達にメールでシェア
友達にメールですすめる
携帯ページ

ページトップへ