RSS

琉球ガラスの引き出物、ギフト、お祝い

ジュビン(つるむらさき) カロテン、ミネラル豊富な島野菜

つるむらさき

ジュビンは、カルシウムやビタミンが栄養が豊富なつる性野菜です。
カルシウムは緑黄色野菜の代表ホウレンソウのなんと3倍!
少し湯がいてお浸しにするとねばりが出て美味しいですよ。
美味しく食べて健康的な生活を過ごしましょう。




ジュビン(つるむらさき)とは

ツルムラサキのベーコン炒め料理  ジュビン(つるむらさき)は、ツルムラサキ科の野菜です。英語でもマラバール(Malabar)のほうれんそうと呼ばれるようにほうれんそうような味がします。その名の通りツル性の植物で、暑さに強く、沖縄の暑い夏に元気に次々とツルをのばし育ちます。また、台風にも強く、傷ついても直ぐにツルを出し回復します。栄養面でもビタミン類がとても高く、またネバネバ野菜で夏バテにもいい野菜です。
 なお、ムサラキはツルの色ではなく、果実の汁の色が紫によるものです。


ジュビンの由来とは

ジュビン,ツルムラサキ  言葉として最近はあまり使わなくなりましたが、つるむらさきを沖縄では「ジュビン」「ジビン」と呼ばれています。「地紅」のなまりという説があります。
 沖縄では便秘や解熱、利尿によいと言われています。
 つるや葉の色は紫色と緑色の品種があります。


※ジュビン(ツルムラサキ)のご注文は3袋以上でお願いします。
 沖縄は離島扱いのため配送料が高く、当店も送料を負担しております。
 そのため、単品では原価割れしてしまいますので、よろしくお願いします。
 表示価格は1袋当りの価格です。



ツルムラサキのおすすめポイント

・ツルムラサキは油炒めが良く合います。にんにくで香りを付けたごま油で炒めるとお酒の肴になります。
・ネバネバ野菜として楽しむには、おひたしがおすすめです。

ジュビン(つるむらさき) カロテン、ミネラル豊富な島野菜

価格:

280円 (税込)

[ポイント還元 2ポイント〜]
購入数:
受注状況
友達にメールですすめる
携帯ページ




ジュビン(つるむらさき)

【内容量等】1袋200g前後
【食べ方等】葉や蔓(茎)を食す。お浸し、炒め物、かき揚げ等
【保存方法】冷蔵庫の野菜庫で保存
【日持ち等】冷蔵:10日程度
【販売時期】6〜12月
※出荷状況によって、紫色品種と緑色品種のどちらかのみになる場合がございます。
※農産物の形状は個々により異なります。
※日持ちについては目安です。保存条件により前後します。
※受取遅れによる腐敗については返品・交換できません。
※農薬をほとんど使わず栽培されるため、まれに虫等が着いていることがあります。また、化学薬品で養液栽培された水耕栽培と違い、畑での土耕栽培のため、畑土が着いていることもあります。全て取れきれないため、気にされる方はご遠慮下さい。


ジュビン(つるむらさき)の料理・調理例

ジュビン(つるむらさき)のおひたし

つるむらさきお浸し  ジュビンはさっと湯がいて、お浸しにして食べるのがもっとも一般的な食べ方です。沸騰したお湯に塩を少し入れ、軽く湯がきます。ホウレンソウのような味がします。
 写真食器:
 →さざなみ皿


ジュビン(つるむらさき)スパゲッティ

つるむらさきスパゲッティ 材料(2人分):
 ジュビン 50g
 スパゲッティ 120g
 ベーコン 50g
 オリーブオイル 少々
 調味料(塩、コショウ)
1)ジュビンをさっと洗い、葉はちぎりそのまま、茎は5cmぐらいに切ります。
2)スパゲッティを規定の時間ゆでます。少し固めのいわゆるアルデンテでお湯から出し、ざるに入れお湯を切ります。
3)フライパンにオリーブオイルを引き、ベーコンを少し炒めます。ジュビンの茎から炒め、火が通ったら、葉を入れ少し炒めます。最後にスパゲッティを入れ、全体を混ぜて完成です。
※10分程度で、簡単に作れます。





ジュビン(つるむらさき) カロテン、ミネラル豊富な島野菜

価格:

280円 (税込)

[ポイント還元 2ポイント〜]
購入数:
受注状況
友達にメールですすめる
携帯ページ

ジュビン(つるむらさき)の栄養価

つるむらさき栄養価
つるむらさき/生 ※五訂増補 日本食品標準成分表より

ツルムラサキの栄養アルファカロテンランキング3位  ジュビンには、カロテンビタミンKが豊富に含まれています。カロテンは体内で必要に応じてビタミンAに変化し、粘膜や皮膚を保護する作用があります。Aに変化しないカロテン自体にも抗酸化性による抗ガン作用などの生理作用があるそうです。また、不足しがちなカルシウムマグネシウムなどのミネラル分も多く含まれています。カルシウムはホウレンソウの約3倍!しかも、骨の形成を促進するビタミンK、コラーゲンの形成を助けるビタミンCが豊富です。


つるむらさきの栄養カルシウム含有量比較つるむらさきの栄養ビタミンK含有量比較


つるむらさきの栄養
(『野菜の効用事典』明治書院より引用)

カロテンが多い
 カロテンが多く、ほうれんそうには及ばないが、こまつなに近い量を含む。カロテンは体内で必要に応じてビタミンAに変化し、粘膜や皮膚を保護する作用がある。Aに変化しないカロテン自体にも抗酸化性による抗ガン作用などの生理作用がある。
カルシウムが豊富
 骨の構成成分であるカルシウム・マグネシウムがともに多く、しかも、骨の形成を促進するビタミンK、コラーゲンの形成を助けるビタミンCが豊富で、骨をつくる野菜といってもよい。


ジュビン(つるむらさき)の花

つるむらさきの花  ジュビンの花は、このような小さなかわいらしい花です。ツルのあちこちにこのような花を次々と咲かせます。
 やがて紫色の実をつけます。


ジュビン(つるむらさき)の雑学

 茎の紫色が綺麗なつるむらさきですが、つるむらさきの名前の由来は、つる性で紫色の実がなるということから名付けられたそうです。だからつるが緑色のものも、もちろんつるむらさきです。




ジュビン(つるむらさき) カロテン、ミネラル豊富な島野菜

価格:

280円 (税込)

[ポイント還元 2ポイント〜]
購入数:
受注状況
友達にメールですすめる
携帯ページ

こちらもおすすめです。

沖縄の伝統野菜色々島野菜詰め合わせ(初回レシピ集付き) オススメ

1,980円(税込)
沖縄で昔から作られている「島野菜」を詰合せにしました。
季節に応じて島野菜7点(4〜7種類)を沖縄からご家庭にお届けします。
バラエティにとんだ野菜が入って楽しいセットです。
【販売時期:通年】

島らっきょう 爽やかな香りと辛みの沖縄のらっきょう オススメ

480円(税込)
香り良し、歯ごたえ良し、味良しの沖縄特産の島らっきょう。
一夜漬けや、かつお節と炒めたり、天ぷらにしても美味しいですよ。
【販売時期:2〜5月】

ゴーヤー(苦瓜) 栄養たっぷり本場沖縄産

280円(税込)
南国の太陽の恵みをたっぷり浴びた沖縄産のゴーヤーです。
沖縄産のゴーヤーで本格的にゴーヤーチャンプルーを作りませんか。
【販売時期:通年】

ハンダマ 目にやさしい紫の葉野菜 新着商品

280円(税込)
ハンダマは表が緑、裏が話題のアントシアニンの紫の葉野菜です。
加熱すると少しヌメリがでるネバネバ健康野菜です。
【販売時期:10〜7月】

シカクマメ(四角豆) 見た目がワイルドな菜豆

280円(税込)
シカクマメは見た目が野性的なすごく変わった豆です。
莢ごと食べられ、味はあっさりとしてほんのりと甘みのある菜豆です。
【販売時期:7〜12月】

ンジャナ(苦菜) 疲れた胃腸に苦味の滋養 新着商品

280円(税込)
ビタミンCやカロテン、カルシウムが豊富で苦みが特長の葉野菜です。
古くから薬草として風邪の諸症状や胃腸にも良いと利用されてきました。
【販売時期:通年】

シマナー(島菜) 沖縄の代表的な葉野菜

280円(税込)
シマナーは、からしなの一種で、塩漬けしたものをチキナーとも呼びます。
塩揉みしたシマナーを、ツナや島豆腐と炒めるととてもいい味になります。
【販売時期:10〜7月】

青パパイヤ 南国のフルーティーなシャキシャキ野菜 オススメ

480円(税込)
沖縄では野菜として食べることが多い青パパイヤです。
千切りにするとシャキシャキとした食感と香りが良く美味しいです。
【販売時期:通年】

ナーベラー(食用沖縄へちま) トロッとしたなめらかな食感 新着商品

280円(税込)
ナーベラー(沖縄へちま)は沖縄料理の定番野菜です。
トロッとしてゼリーのような舌触りで、ほんのりと甘みがあります。
【販売時期:通年】

島オクラ やわらかくて美味しい丸オクラ オススメ

270円(税込)
沖縄で栽培されてきた島オクラは断面が丸い丸オクラ。
角オクラよりもやわらかく、ほんのりとした甘みが美味しいオクラです。
【販売時期:7〜11月】

モーウィ(赤毛瓜) 宮廷料理に用いられた瑞々しい瓜

380円(税込)
モーウイは見た目に似合わず、瑞々しく美味しい上品な瓜です。
サラダや漬物にもぴったりの島野菜です。
【販売時期:6〜11月】

ページトップへ