RSS

琉球ガラスの引き出物、ギフト、お祝い

島らっきょう 爽やかな香りと辛みの沖縄のらっきょう オススメ

島らっきょう,沖縄,販売,取寄せ

香り良し、歯ごたえ良し、味良しの沖縄特産の島らっきょう
生の島らっきょうなので、漬物や天ぷらなど色々な料理で、爽やかな春の香りを楽しめます。




島らっきょうとは

島らっきょうの浅漬け  島らっきょうは、沖縄で昔から栽培されてきたらっきょうで、沖縄本島の方言では「だっちょう」とも呼ばれています。
 島らっきょうは鱗茎がかたくなる前に若掘りします。それで、歯ごたえもパリパリッとした食感で、香り、味、食感と三拍子揃った味わいでいただけます。
 主に浅漬けにして、食べられていますが、漬物にせず、そのまま天ぷらで食べることも多く、沖縄の居酒屋では、島らっきょうの天ぷらも定番料理となっております。



今期の島らっきょうの販売は終了しました
農産物シーズンオフ

・収穫が始まるまでしばらくお待ち下さい。
・ご注文受付は年明け2月頃を予定しております。


島らっきょうのおすすめポイント

・爽やかな香りと少しピリッとした辛みがおいしいですよ。
・お薦めの料理は天ぷらです。茶塩や梅塩でいただくと最高です。
・チーズともよく合います。

島らっきょう 爽やかな香りと辛みの沖縄のらっきょう

価格:

480円 (税込)

[ポイント還元 4ポイント〜]
購入数:
受付前・在庫切れ
友達にメールですすめる
携帯ページ




島らっきょう

【内容量等】1袋(200g前後)
【食べ方等】薄皮をむき、白い軸の部分を食す。漬け物、天ぷら、炒め物、薬味等
【保存方法】冷蔵庫の野菜庫で保存
【日持ち等】冷蔵:20日程度
【販売時期】2〜5月上旬
※色々と料理に使える生の島らっきょうです。
※島らっきょうには軸が細いタイプと太いタイプがありますが、出荷の状況によります。
※農産物の形状は個々により異なります。
※日持ちについては目安です。保存条件により前後します。
※農薬をほとんど使わず栽培されるため、まれに虫等が着いていることがあります。また、化学薬品で養液栽培された水耕栽培と違い、畑での土耕栽培のため、畑土が着いていることもあります。全て取れきれないため、気にされる方はご遠慮下さい。


まとめ買いでお買い得価格です

島らっきょう 島らっきょう5袋以上で旬特価!
島らっきょう5袋以上で旬特価で販売しています。

島らっきょうの栽培


島らっきょうの収穫時期

島らっきょうの収穫期と旬
※島らっきょうは年末ぐらいから早掘りの収穫が始まり、梅雨前ぐらいまで収穫されます。早掘りのものは球も小さくワケギのような柔らかな味わいで、成長とともに球が大きくなり、玉らっきょうのようになります。


島らっきょうの栽培風景

島らっきょう栽培風景  島らっきょうはユリ科ネギ属の野菜です。見た目にもネギに似てますよね。
 島らっきょうなどのネギ属のものは、比較的水はけのよい所を好みます。沖縄では、島尻マージやニービといった水はけのよい土壌で品質のよい島らっきょうが収穫されます。島らっきょうは、主に結球途中で若掘りされ、販売されます。もちろん春には本土のらっきょうのように結球したものも販売されています。でもやっぱり美味しいのは、この若掘りの島らっきょうです。


島らっきょうの料理・調理例

島らっきょうの一夜漬け

 島らっきょうは、お土産店や、観光本で有名な牧志公設市場などで、漬物にしたものが売られていますが、化学調味料や合成酢で味付けされたものも多く、本来の香りや味がなかなか楽しめません。
 自分で漬け込むと香りも良く、美味しいですよ。
 簡単です。

島らっきょうの一夜漬け

1)島らっきょうをボールにあけ、水で軽く土を洗い流します。さらに表面の薄皮を取り除きます。すると綺麗な白色になります。
2)根の部分を切り取ります。
3)だいたい8cm前後の長さに切ります。
4)塩を軽く振りかけます。だいたい島らっきょう100gに大さじ1杯ぐらいでいいでしょう。塩を振りかけたら軽く手でもみます。
5)そのまま一晩8〜10時間程度寝かしましょう。塩味の好みにより漬ける時間を調整してください。
6)水洗いし、塩を流します。少し食べて塩辛ければ、しばらく水に漬けておくといいでしょう。

※漬けるときに昆布やトウガラシを少し入れておくとさらに美味しくなります。
※化学調味料が嫌いな私はあまりお勧めできませんが、面倒くさい場合は、市販の浅漬けの素で漬けるのも手です。



島らっきょうのおかか炒め

島らっきょう炒め  島らっきょうは、かつお節ととても合います。食べるときに少し振りかけて醤油をかけると抜群の味になります。
 また、軽くフライパンでかつお節と炒めると、ご飯のお供になりますよ。


島らっきょうの天ぷら

島らっきょうの天ぷら  島らっきょうは、天ぷらにしてもとても美味しいですよ。沖縄の居酒屋の定番人気メニューにもなっています。薄皮を剥いた後、衣をつけて揚げればできる簡単料理です。らっきょうの辛味が苦手な方にもお薦めです。
 茶塩や梅塩でいただくとさらに美味しいですよ。昆布茶の素もいいですよ。


島らっきょう餃子

島らっきょう餃子  ニラやニンニクの代わりに島らっきょうを使ったぎょうざはいかがでしょうか。島らっきょうの薄皮を剥き、さっと水で洗って粗く刻み、ぎょうざの具として入れると、食べたときに島らっきょうの香りが広がって美味しいですよ。


島らっきょうの生春巻き

島らっきょうの生春巻き  島らっきょうの一夜漬け、チーズ、貝割れ大根、スパムを生春巻きでくるっと巻いた島らっきょう生春巻きです。
 島らっきょうとチーズが結構合います。仕上げに梅肉を乗せて彩りにしました。
 簡単に作れて美味しい酒の肴です。


島らっきょうキムチ

島らっきょうのキムチ  島らっきょうを塩漬けにし、塩を抜いた後、キムチにつけ込んだだけの簡単料理です。瓶詰めキムチに一緒につけ込んでおくだけで、美味しい島らっきょうキムチが出来上がります。
 市販の「キムチの素」よりも、瓶詰めキムチにつけ込む方が美味しいですよ。


明太島らっきょう

明太島らっきょう  島らっきょうキムチと同様に島らっきょうの塩漬けにし、明太子を乗せた簡単酒の肴です。
 島らっきょうのパリパリッとした食感と、明太子のプチプチっとまったりした味が美味しいです。





島らっきょうをご紹介いただきました

OZmagazine 「OZmagazine」に掲載されました。
地域の伝統野菜として島らっきょうをご紹介いただきました。

美食ナビ 「美食ナビ」に掲載されました。
美食ナビ学習帳にて島らっきょうをご紹介いただきました。


ご紹介ありがとうございました。

島らっきょう 爽やかな香りと辛みの沖縄のらっきょう

価格:

480円 (税込)

[ポイント還元 4ポイント〜]
購入数:
受付前・在庫切れ
友達にメールですすめる
携帯ページ

島らっきょう栄養価

らっきょう栄養価
らっきょう/りん茎 生 ※五訂増補 日本食品標準成分表より

 らっきょうはカリウムやナイアシン、パントテン酸が多く、食物繊維が特に多く含まれています。しかも、食物繊維は野菜の中では珍しく90%が動脈硬化予防などの生理効果の大きい水溶性のものです。
 らっきょうにはニンニク、にら、ネギ類と同じ含硫化合物が含まれています。これには、ビタミンB1の吸収をよくすることで代謝を高めます。また、抗ガン性によるガンの予防、抗菌効果、免疫力の向上なども期待されています。



らっきょうの栄養
(『野菜の効用事典』明治書院より引用)

含硫化合物に多くの作用
 らっきょうにはにんにく・にら・ねぎ類お同じ刺激性のにおいや辛味がある。この成分は含硫化合物で、生理作用も同じように、ビタミンB1の吸収をよくすることで代謝を高める。また、抗ガン性によるガンの予防、殺菌効果、免疫力の向上なども期待されている。
 このにおいや辛味は胃を刺激して食欲を増すので、夏などの食欲回復によい。
栄養価
 栄養価をみるとカリウムやナイアシン・パントテン酸がやや多い。また、食物繊維がたいへん多く含まれ、しかも、野菜の中ではめずらしく90%が動脈硬化予防などの生理効果の大きい水溶性のものである。


島らっきょうの雑学

 らっきょうの食べる部分、つまり球根部分はらっきょうの根でしょうか?茎でしょうか?それとも葉?
 実は、らっきょうや玉葱などの球根部分は葉です。球根をよく見ると皮が何枚も重なっていますね。玉葱はわかりやすいですよね。葉に栄養分を蓄えた状態で球根になっています。

島らっきょう 爽やかな香りと辛みの沖縄のらっきょう

価格:

480円 (税込)

[ポイント還元 4ポイント〜]
購入数:
受付前・在庫切れ
友達にメールですすめる
携帯ページ

こちらもおすすめです。

沖縄の伝統野菜色々島野菜詰め合わせ(初回レシピ集付き) オススメ

1,980円(税込)
沖縄で昔から作られている「島野菜」を詰合せにしました。
季節に応じて島野菜7点(4〜7種類)を沖縄からご家庭にお届けします。
バラエティにとんだ野菜が入って楽しいセットです。
【販売時期:通年】

ゴーヤー(苦瓜) 栄養たっぷり本場沖縄産

280円(税込)
南国の太陽の恵みをたっぷり浴びた沖縄産のゴーヤーです。
沖縄産のゴーヤーで本格的にゴーヤーチャンプルーを作りませんか。
【販売時期:通年】

ハンダマ 目にやさしい紫の葉野菜 新着商品

280円(税込)
ハンダマは表が緑、裏が話題のアントシアニンの紫の葉野菜です。
加熱すると少しヌメリがでるネバネバ健康野菜です。
【販売時期:10〜7月】

シカクマメ(四角豆) 見た目がワイルドな菜豆

280円(税込)
シカクマメは見た目が野性的なすごく変わった豆です。
莢ごと食べられ、味はあっさりとしてほんのりと甘みのある菜豆です。
【販売時期:7〜12月】

ンジャナ(苦菜) 疲れた胃腸に苦味の滋養 新着商品

280円(税込)
ビタミンCやカロテン、カルシウムが豊富で苦みが特長の葉野菜です。
古くから薬草として風邪の諸症状や胃腸にも良いと利用されてきました。
【販売時期:通年】

シマナー(島菜) 沖縄の代表的な葉野菜

280円(税込)
シマナーは、からしなの一種で、塩漬けしたものをチキナーとも呼びます。
塩揉みしたシマナーを、ツナや島豆腐と炒めるととてもいい味になります。
【販売時期:10〜7月】

青パパイヤ 南国のフルーティーなシャキシャキ野菜 オススメ

480円(税込)
沖縄では野菜として食べることが多い青パパイヤです。
千切りにするとシャキシャキとした食感と香りが良く美味しいです。
【販売時期:通年】

ナーベラー(食用沖縄へちま) トロッとしたなめらかな食感 新着商品

280円(税込)
ナーベラー(沖縄へちま)は沖縄料理の定番野菜です。
トロッとしてゼリーのような舌触りで、ほんのりと甘みがあります。
【販売時期:通年】

島オクラ やわらかくて美味しい丸オクラ オススメ

270円(税込)
沖縄で栽培されてきた島オクラは断面が丸い丸オクラ。
角オクラよりもやわらかく、ほんのりとした甘みが美味しいオクラです。
【販売時期:7〜11月】

ジュビン(つるむらさき) カロテン、ミネラル豊富な島野菜

280円(税込)
さっと湯がいてお浸しにするとねばりが出て美味しいですよ。
ネバネバ元気野菜で健康な食生活をおくりましょう。
【販売時期:6〜12月】

モーウィ(赤毛瓜) 宮廷料理に用いられた瑞々しい瓜

380円(税込)
モーウイは見た目に似合わず、瑞々しく美味しい上品な瓜です。
サラダや漬物にもぴったりの島野菜です。
【販売時期:6〜11月】

ページトップへ