RSS
琉球ガラス,引出物,ギフト

シマナー(島菜) 沖縄の代表的な葉野菜

シマナー,島菜

シマナーは塩でもんで、炒めると、香りがよく、美味しい葉野菜です。
少し辛味があり、シマナーを炒めてご飯にのせて食べるととても美味しいですよ。
シマナーを塩漬けしたチキナーは、豆腐と相性抜群です。



シマナーとは

チキナーチャンプルー  シマナー(島菜)は、からしなの一種で、塩漬けしたものをチキナーと呼んでいます。沖縄では最も一般的な葉野菜で、炒めたりして、よく食べられています。
 シマナーは、本土のからしな類(高菜等)のように爽やかな辛味が特徴で、塩漬けや塩もみすることで、香りが増し、島豆腐と炒めるととてもいい味になります。シマナーを塩漬けにしてチキナーにしてから、炒めるとチキナーイリチャーになります。特にツナ缶と一緒に炒めると絶品です。おかずにもお酒の肴にもぴったりです。


※シマナーのご注文は3袋以上でお願いします。
 沖縄は離島扱いのため配送料が高く、当店も送料を負担しております。
 そのため、単品では原価割れしてしまいますので、よろしくお願いします。
 表示価格は1袋当りの価格です。



店長のお薦めポイント
・シマナーは、からしな類特有の香りを楽しむ葉菜です。塩でもむことで香りが増します。
・シマナーはベーコンやポークなどのハム類ともよく合います。ハムの塩味とシマナーのやわらかな辛みは美味しいですよ。

シマナー(島菜) 沖縄の代表的な葉野菜

価格:

280円 (税込)

[ポイント還元 2ポイント〜]
購入数:
受付前・在庫切れ
友達にメールですすめる
携帯ページ



シマナー(島菜)

【内容量等】1袋約200g
【食べ方等】炒め物、煮物、漬物など。
【保存方法】冷蔵庫の野菜庫で保存
【日持ち等】冷蔵:1週間程度
※農産物の形状は個々により異なります。
※日持ちについては目安です。保存条件により前後します。
※受取遅れによる腐敗については返品・交換できません。
※農薬をほとんど使わず栽培されるため、まれに虫等が着いていることがあります。また、化学薬品で養液栽培された水耕栽培と違い、畑での土耕栽培のため、畑土が着いていることもあります。全て取れきれないため、気にされる方はご遠慮下さい。


シマナーの栽培


シマナーの花

島菜の花  シマナーはアブラナ科の葉野菜なので、花が咲くとアブラナのような十字状の黄色い花を咲かせます。
 花は春先に咲き始め、花が咲き終わるとやがて種をつけます。


シマナーの料理・調理例

 調理法は塩もみした後、水気をしぼり、ツナ缶やポーク缶と一緒に炒めるのが一般的です。また、お浸しやみそ汁の具としても食べられています。


シマナー麻婆豆腐

島菜の麻婆豆腐 【2人前】
1)シマナー100gを食べやすい大きさにザクザクと切ります。ボールに移し、上から塩を大さじ1杯振りかけ、手でもみながら塩が全体に行き渡るようにします。1〜2分ぐらいもむとしんなりとします。たまねぎ半玉は、みじん切りにします。白ネギ1本は少し白髪ネギを作り、残りは斜め切りにします。
2)フライパンに油をひき、豚ミンチ50gを炒めます。少し火が通ったところで、たまねぎを入れ炒めます。たまねぎに火が通ったら軽く塩、こしょうで味を付け、シマナー、しめじ、斜め切りした白ネギ、豆板醤を入れ全体に豆板醤が絡むように炒めます。
3)少ししてから島豆腐100gをちぎって入れ、最後に片栗粉と昆布だしを1カップの水で溶いて、流し込みます。かき混ぜながら、山椒、ラー油で香りを付けます。
4)皿に盛り、白髪ネギをのせて完成です。糸唐辛子があればのっけるといいでしょう。

※熱いご飯に乗っけても美味しいですよ。
 辛味は、好みで豆板醤を調整してください。また、取り分けてからコーレーグースをかけても辛味が増します。
 ニラを入れると美味しいです。


シマナーチャンプルー

【4人分】
1)シマナー200gを食べやすい大きさにざくざくっと切ります。ボールに入れ塩を大さじ2杯ほど全体にまぶし、塩もみします。シマナーは全体的にごわついているので、塩もみすることでしんなりとさせます。1〜2分程度もんでやわらかくなったら、ざるにあけ水を流しながら塩を落とします。塩が落ちたら絞っておきます。
2)フライパンに油をひき、角切りした豆腐300gを入れ表面がきつね色に焼き入れをします。色が付いたら皿に取り置きます。
3)ツナ1缶、シマナーをフライパンで炒め、ある程度火が通ったところで、カツオだしを少し加え、さらに豆腐をいれ炒めます。塩、こしょうで味を調えて完成です。

※シマナーを一晩塩漬けしてチキナーにしてから、塩抜きしチャンプルーするとさらに美味しくなります。
チキナーチャンプルー


マーミナイチリー

島菜ともやし炒め  メインはマーミナ(もやし)ですが、島菜を入れることで、島菜のいい香りとまろやかな辛味が食欲を誘います。
 緑色も料理の彩になります。
 炒めるだけの簡単料理です。


島菜のベーコン炒め

島菜のベーコン炒め  島菜はベーコンともよくあいます。
 島菜は炒める前に塩揉みして、しんなりとさせ、流水で塩を落としておきます。面倒くさいときは、塩揉みせずに短めに切ってそのまま使います。
 ベーコンは炒めすぎず、島菜に火が通ったぐらいで入れる方が個人的には好きです。


島菜のキノコ炒め

島菜のきのこ炒め  島菜はキノコともよくあいます。
 プリッとしたしめじと炒めると美味しいですよ。
 カツオ出汁と醤油で味付けして、かたくり粉でとろみを付けるといいでしょう。


島菜とポークのパスタ

島菜とポークのパスタ  フライパンで島にんにくと唐辛子を炒めて、香りと辛味を引き出し、塩揉みした島菜とポークを炒めて具材を作ります。
 あとは湯がいたパスタを混ぜて炒めれば、島菜のパスタの出来上がり。
 島菜はにんにくの香りとも良く合います。




シマナー(島菜) 沖縄の代表的な葉野菜

価格:

280円 (税込)

[ポイント還元 2ポイント〜]
購入数:
受付前・在庫切れ
友達にメールですすめる
携帯ページ

シマナーの栄養価

シマナー栄養価
からしな/生 ※五訂増補 日本食品標準成分表より

シマナーの葉酸含有量ランキング  シマナーにはミネラル分やビタミンが豊富に含まれています。特にカルシウムやカロテンなどが多く含まれています。
 カロテンの量は小松菜に近く、カロテンは抗酸化作用によって活性酸素を消去し、細胞のガン化や老化を防ぐ作用があるそうです。また、カロテンは体内で必要に応じてビタミンAに変化し、粘膜や皮膚を正常に維持するなどの作用もあるそうです。葉酸は野菜類の中では第4位にランキングされています。


野菜の栄養素メモ

(「野菜ブック」独立行政法人農畜産業振興機構より引用)

葉酸の効果  ビタミンB群の仲間です。核酸やたんぱく質の合成にかかわる成分で、細胞の形成に必要です。また、造血に働きます。不足すると、貧血、潰瘍、口内炎などの症状が出やすくなります。特に妊娠中、授乳中は多くの葉酸が必要です。
ビタミンA  ビタミンAは視覚作用、粘膜の保護や発育に必要なビタミンです。ビタミンは、体内では合成することができないので、食物から摂取する必要があります。野菜には、体内に入るとビタミンAに変わるプロビタミンA(βカロテン、αカロテン、γカロテン、クリプトキサンチンなど)が含まれています。

カルシウムの効果  日本人はカルシウムの摂取が不足気味のため、積極的に摂取したい栄養素です。カルシウムの99%は骨や歯に存在し、残りの1%が血液中に存在していますが、血中のカルシウム濃度は一定に保たれているので、カルシウムの摂取量が不足すると骨からカルシウムが溶け出します。これが何年も続くと、女性に多いといわれる骨粗鬆症につながります。また、カルシウムは、神経の興奮を抑える働きもあります。そのほかにも、カルシウムは血液凝固、筋肉の収縮作用などに関与しています。


からしなの栄養

(『野菜の効用事典』明治書院より引用)

カロテンの抗ガン作用
 からしなはカロテンが多い緑黄色野菜の一種。カロテンの量はこまつなに近い。カロテンは抗酸化作用によって活性酸素を消去し、細胞のガン化や老化を防ぐ作用がある。
 カロテンは体内で必要に応じてビタミンAに変化し、粘膜や皮膚を正常に維持するなどの作用がある。
辛味成分の生理作用
 特有の辛味はシニグリンという含硫化合物。この含硫化合物は抗酸化性、免疫力の増進、白血球の増加など多くの生理作用によって抗ガン性が期待されている。また、からしなには抗酸化ビタミンのA・E・Cがそろって多く、さらに、食物繊維も豊富である。からしなのほか、キャベツ・ブロッコリー・だいこんなど、アブラナ科の野菜に抗ガン性が高いのは、これらの多くの成分の総合作用ということができる。
 辛味は食欲を増進させ、また、料理の味を引き立ておいしくする効果もある。
葉酸と鉄で貧血を予防
 からしなは造血作用に重要な葉酸がたいへん多い。同時に、造血の材料として必要な鉄も補給できる。また、からしなに多いビタミンCは鉄の吸収をよくする作用がある。


島菜の雑学

 シマナーの辛味の成分は、シニグリンにミロシナーゼという酵素が働いて生じるアリルイソチオシアナートというものだそうです。そのアリルイソチオシアナートは食欲促進効果や、さらに抗酸化性、免疫力の増進、白血球の増加など多くの生理作用によって抗ガン性が期待されています。また、抗菌作用や鮮度保持といった効果もあるため、鮮度保持袋の原料としても利用されているそうです。


シマナー(島菜) 沖縄の代表的な葉野菜

価格:

280円 (税込)

[ポイント還元 2ポイント〜]
購入数:
受付前・在庫切れ
友達にメールですすめる
携帯ページ

関連商品

沖縄の伝統野菜色々島野菜詰め合わせ(初回レシピ集付き) オススメ

1,980円(税込)
沖縄で昔から作られている「島野菜」を詰合せにしました。
季節に応じて島野菜7点(4〜7種類)を沖縄からご家庭にお届けします。
バラエティにとんだ野菜が入って楽しいセットです。
【販売時期:通年】

島らっきょう 爽やかな香りと辛みの沖縄のらっきょう 新着商品 オススメ

480円(税込)
香り良し、歯ごたえ良し、味良しの沖縄特産の島らっきょう。
一夜漬けや、かつお節と炒めたり、天ぷらにしても美味しいですよ。
【販売時期:2〜5月】

ゴーヤー(苦瓜) 栄養たっぷり本場沖縄産

280円(税込)
南国の太陽の恵みをたっぷり浴びた沖縄産のゴーヤーです。
沖縄産のゴーヤーで本格的にゴーヤーチャンプルーを作りませんか。
【販売時期:通年】

ハンダマ 目にやさしい紫の葉野菜 新着商品

280円(税込)
ハンダマは表が緑、裏が話題のアントシアニンの紫の葉野菜です。
加熱すると少しヌメリがでるネバネバ健康野菜です。
【販売時期:10〜7月】

シカクマメ(四角豆) 見た目がワイルドな菜豆

280円(税込)
シカクマメは見た目が野性的なすごく変わった豆です。
莢ごと食べられ、味はあっさりとしてほんのりと甘みのある菜豆です。
【販売時期:7〜12月】

ンジャナ(苦菜) 疲れた胃腸に苦味の滋養 新着商品

280円(税込)
ビタミンCやカロテン、カルシウムが豊富で苦みが特長の葉野菜です。
古くから薬草として風邪の諸症状や胃腸にも良いと利用されてきました。
【販売時期:通年】

青パパイヤ 南国のフルーティーなシャキシャキ野菜 オススメ

480円(税込)
沖縄では野菜として食べることが多い青パパイヤです。
千切りにするとシャキシャキとした食感と香りが良く美味しいです。
【販売時期:通年】

ナーベラー(食用沖縄へちま) トロッとしたなめらかな食感 新着商品

280円(税込)
ナーベラー(沖縄へちま)は沖縄料理の定番野菜です。
トロッとしてゼリーのような舌触りで、ほんのりと甘みがあります。
【販売時期:通年】

島オクラ やわらかくて美味しい丸オクラ オススメ

270円(税込)
沖縄で栽培されてきた島オクラは断面が丸い丸オクラ。
角オクラよりもやわらかく、ほんのりとした甘みが美味しいオクラです。
【販売時期:7〜11月】

ジュビン(つるむらさき) カロテン、ミネラル豊富な島野菜

280円(税込)
さっと湯がいてお浸しにするとねばりが出て美味しいですよ。
ネバネバ元気野菜で健康な食生活をおくりましょう。
【販売時期:6〜12月】

モーウィ(赤毛瓜) 宮廷料理に用いられた瑞々しい瓜

380円(税込)
モーウイは見た目に似合わず、瑞々しく美味しい上品な瓜です。
サラダや漬物にもぴったりの島野菜です。
【販売時期:6〜11月】

ページトップへ