ショッピングカートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ
琉球ガラス,引出物,ギフト

ナーベラー(食用沖縄へちま) トロッとしたなめらかな食感

ナーベラー,食用へちま

ナーベラー(沖縄へちま)は食用で火を通すとトロトロのゼリーのようになります。

味噌ととても相性が良く、へちまの認識が変わりますよ。



ナーベラー(沖縄へちま)項目


ナーベラー(沖縄へちま)とは

沖縄,へちま,ナーベラー,ナーベーラ

 ナーベラー(ナーベーラーとも)とは、沖縄の方言でへちまのことです。沖縄では、食用の沖縄へちまが栽培されており、開花から約2週間頃の若い実を食用にします。
 へちまは完熟すると繊維が固くなるため、たわしとして用いられるのが一般的ですが、沖縄では繊維のあまり発達しない食用品種が栽培され、繊維が固くなる前の若い実を食用にしています。


ナーベラー(沖縄へちま)は味噌とよく合います

ナーベラー,ヘチマ,料理

 ナーベラーは、まろやかなほんのりとした甘味で、なめらかな食感です。沖縄では味噌煮にすることが多く、その他、炒め物やみそ汁の具として調理されます。
 皮をそいで、柔らかい種をそのまま残して実の部分を調理します。
 かなり水分が出るので、煮物の水は少なめにします。



※ご注文は2本以上でお願いします。

 沖縄は離島扱いのため配送料が高く、当店も送料を負担しております。
 そのため、単品では原価割れしてしまいますので、よろしくお願いします。
 表示価格は1本当りの価格です。



(!) 農産物について
沖縄県産農産物 農産物は、収穫等の関係上、お届け希望日に応じれません。

・沖縄県産のみですので生産量が少なく、出荷がありしだいの発送となります。
・自然相手なので、天候等により大幅な遅れやキャンセルとなることがあります。
・お届先の交通事情での傷み等については責任を負いかねますので、災害や冬場の寒冷地、離島等の交通状況にご注意ください。



店長のお薦めポイント

・へちまといえばタワシや化粧水が思い浮かぶため、食べるのは少し抵抗感があると思いますが、ナーベラーは一度食べるとへちまのイメージが変わりますよ。
・沖縄で作られている食用へちまは、鑑賞用へちまと異なり繊維質の少ない品種で、火を通すとゼリーや麩のようになり、出汁ともよくからみます。


ナーベラー(食用沖縄へちま) トロッとしたなめらかな食感

価格:

398円 (税込)

[ポイント還元 3ポイント〜]
購入数:
友達にメールですすめる
この商品のURLを携帯に送る



在庫,説明について

 各マークは、下記の状況です。
○:ご注文可能です。
△:ご注文可能です(ご注文集中時、或は、出荷が少ない状況)。

在庫,説明について

  ご注文は受け付けておりません(ご注文過多、出荷寡少、シーズンオフ)。

※日々の出荷量に限りがございますので、収穫時期でも、ご注文集中時には「受付前・在庫切れ」となる場合がございます。しばらくしてからご確認下さい。


【内容量等】 1本(約200g前後)
【食べ方等】 皮をむき、炒め物、煮物など。
【保存方法】 新聞紙や野菜保存袋等でくるみ冷蔵庫の野菜庫で保存しくてください。
【日持ち等】 冷蔵:10日間程度
【販売時期】 通年(冬期は不定期)

ナーベラーは周期的に収穫量の増減が激しいため、収穫状況によっては発送が遅くなる場合がございます。
※農産物の形状は個々により異なります。
※日持ちについては目安です。保存条件により前後します。
※受取遅れによる腐敗については返品・交換できません。
※島野菜は農薬をほとんど使わず栽培されるため安心なのですが、まれに虫等が着いていることがございます。また、化学薬品で養液栽培された水耕栽培と違い、畑での土耕栽培のため、畑土が着いていることもあります。全て取れきれないため、気にされる方はご遠慮下さい。


ナーベラー(沖縄へちま)の収穫時期

旬,へちま,ナーベーラ,ナーベラー,収穫期

※ナーベラーは周期的に開花・結実するため、一年を通して収穫量の増減があります。


ナーベラー(沖縄へちま)の栽培

へちま畑

 へちまは、観賞用では棚にすることが多いですが、ナーベラーは、棚などは作らず、地這え栽培されています。
 苗を植えた後、畑全体にバカス(サトウキビを絞ったあとの茎。藁代わりです)を敷き、その上に蔓を這わせます。
 午前中には黄色い花が一斉に咲いているので奇麗ですよ。


ご連絡いただいたご意見より

兵庫県神戸市 T, S 様
白みそをあえて食べました。
おいしかったです。

東京都調布市 N. Y 様
うすみどりの色がとってもきれいなんですね。
他の野菜といっしょに沖縄野菜カレーにしたら、とろけるおいしさでした!

千葉県千葉市 O. M 様
新鮮で美味しい野菜と果物をみて、とても嬉しいです。また、おまけも頂きありがとうございます。


ご連絡ありがとうございます。

たくさん必要な方はお得な加工用ナーベラーをどうぞ

業務用,お買い得 【加工用お得価格】ナーベラー(沖縄へちま)

不揃い、傷ありですがお買得価格になっています。
まとめ買いにはこちらがお安いです。


こちらもおススメ!色々な沖縄の島野菜が入って、お得なセットです。

島野菜セット沖縄の島やさい詰め合わせセット

沖縄で昔から栽培されてきた「島野菜」を詰合せにしました。
本土では珍しい野菜なども入って、何が届くかお楽しみのセットです。


「OZmagazine」に掲載されました。
地域の伝統野菜としてナーベラーをご紹介いただきました。


「美食ナビ」に掲載されました。
美食ナビ学習帳にてナーベラーをご紹介いただきました。

ご紹介ありがとうございました。


料理,調理例,食べ方,レシピ

ナーベラー(沖縄へちま)の料理・調理例


ナーベラーンブシー

 ナーベラーとはへちま、ンブシーは味噌煮ということです。つまりへちまの味噌煮ですね。本土ではへちまを食べることはまずないでしょうが、ここ沖縄ではゴーヤーと並ぶ、夏のメジャーな野菜です。
材料(4人分):
 ナーベラー(沖縄へちま) 1本(200g)
 三枚肉    150g
 島豆腐    半丁(木綿豆腐でも可)
 味噌     大さじ2〜3杯
1)三枚肉の下ごしらえ
 三枚肉をラフテーの時と同じように、弱火で1時間ほど煮る。今回は煮汁を冷まし、ラードと煮汁を取っておき、調理に用いる。ゆであがった三枚肉を食べやすい適当な大きさに切っておきます。
2)ナーベラー(沖縄へちま)の下ごしらえ
 ナーベラーのへたを取り、皮は固いので薄緑色が残る程度に取り除きます(軽く一枚そぐ程度です)。
3)煮込み
 鍋に三枚肉を煮たときにでたラードを入れ、豚肉、ナーベラーを炒めます。ナーベラーに火が通り水分が出てきたら、三枚肉を煮た煮汁を入れ10分ほど煮込みます。
 弱火にして、味噌、豆腐を加え、さらに20〜30分ほど、ナーベラーが柔らかくなるまで煮込みます。
※ポイント
ナーベラーは煮込むとトロトロのゼリー状になります。
ナーベラーはあまり臭い等がありません。少しカツオだしを入れると味が濃くなり美味しいです。




ナーベラー(食用沖縄へちま) トロッとしたなめらかな食感

価格:

398円 (税込)

[ポイント還元 3ポイント〜]
購入数:
友達にメールですすめる
この商品のURLを携帯に送る

栄養価

ナーベラー(沖縄へちま)の栄養価

ナーベラー栄養価

五訂増補 日本食品標準成分表より  /生


ナーベーラ,ナーベラ,へちま

 へちまは、水分が多く、ビタミンやカリウムなどのミネラルを豊富に含んでいるため、美容にいい夏野菜です。
 沖縄では咳止めや利尿効果もあるといわれています。
 また、中国の『本草綱目』では「煮て食へば、熱を除き、腸を利す。風を去り、痰を化し、血を涼し、血を涼し、毒を解し」と記載されているそうです。




野菜の栄養素メモ

(「野菜ブック」独立行政法人農畜産業振興機構より引用)

カリウム  カリウムは、ナトリウムとともに細胞の浸透圧や細胞の活性に関係しており、カリウムが不足すると、細胞の活性が低下することが知られています。日本人は食塩(ナトリウム)をとり過ぎる傾向があります。食塩のとり過ぎは血圧を上昇させますが、カリウムにはナトリウムの排出を促進する働きがあるので、高血圧の予防に効果があります。また、利尿作用もあります。


【PR】医食同源 薬膳料理を学んで健康生活を送りましょう。

 テキストとDVDで空いた時間に自宅に居ながら学べます。


 日本で初めて薬膳コースのある料理学校を開校した薬膳指導のパイオニア、板倉啓子先生が監修・指導。板倉先生が考案した「日本型薬膳=和漢膳」は、本格的 な薬膳の理論を、初心者にもわかりやすく噛み砕いてアレンジしたもの。身近で手に入る食材を主に使って、ご家庭で手軽に作れるメニューが満載です。
 本講座 で学べば、体質やそのときの体調にあった食材の選び方、そしてオーダーメイドの「和漢膳」の作り方をマスターできます。ご自身やご家族の健康づくりに大い にお役立てください。また、本講座では、薬膳マイスターとしてのスキルを証明する「国際薬膳食育師3級」の認定を受けられます。


詳しくはこちら

ナーベラー(沖縄へちま)の雑学(美味しく食べて、少し勉強)

へちま

 へちまの呼び名の由縁は?
 へちまは昔、「糸瓜」と呼ばれ、それから「トウリ」となったそうです。それが洒落た人が名付けたのでしょう。「トウリ」の「」が「いろはにほりぬるを・・・」の「」と「」の間にあるので、へちま(へち間)となったそうです。ひねりまくってますね。
 ちなみに沖縄でナーベーラ(ナーベラ)と呼ばれるのは、ヘチマたわしにいわれがあります。沖縄でも大きくなったヘチマはたわしに使われていて、「鍋を洗う」もの、つまり「鍋洗い」→「なべあらー」→「なーべぁーらー」→「なーべーらー」となったそうです。 


ナーベラー(食用沖縄へちま) トロッとしたなめらかな食感

価格:

398円 (税込)

[ポイント還元 3ポイント〜]
購入数:
友達にメールですすめる
この商品のURLを携帯に送る

関連商品

医食同源 沖縄の島野菜7点詰合せ(初回レシピ集付き)

1,980円(税込)
沖縄で昔から作られている「島野菜」を詰合せにしました。
季節に応じて島野菜7点(4〜7種類)を沖縄からご家庭にお届けします。
バラエティにとんだ野菜が入って楽しいセットです。
【販売時期:通年】

島らっきょう 爽やかな香りと辛みの沖縄のらっきょう

498円(税込)
香り良し、歯ごたえ良し、味良しの沖縄特産の島らっきょう。
一夜漬けや、かつお節と炒めたり、天ぷらにしても美味しいですよ。
【販売時期:1〜5月】

ゴーヤー(苦瓜) 栄養たっぷり本場沖縄産

398円(税込)
南国の太陽の恵みをたっぷり浴びた沖縄産のゴーヤーです。
沖縄産のゴーヤーで本格的にゴーヤーチャンプルーを作りませんか。
【販売時期:通年】

ハンダマ 目にやさしい紫の葉野菜

298円(税込)
ハンダマは表が緑、裏が話題のアントシアニンの紫の綺麗な葉野菜です。
加熱すると少しヌメリがでるネバネバ健康野菜です。
【販売時期:10〜7月】

シカクマメ(四角豆) こんな豆食べたことある? 

278円(税込)
シカクマメは見た目が野性的なすごく変わった豆です。
莢ごと食べられ、味はあっさりとしてほんのりと甘みのある菜豆です。
【販売時期:7〜12月】

ンジャナ(苦菜) 疲れた胃腸に苦味の滋養

278円(税込)
ビタミンCやカロテン、カルシウムが豊富で苦みが特長の葉野菜です。
古くから薬草として風邪の諸症状や胃腸にも良いと利用されてきました。
【販売時期:通年】

シマナー(島菜) 沖縄の代表的な葉野菜

298円(税込)
シマナーは、からしなの一種で、塩漬けしたものをチキナーとも呼びます。
塩揉みしたシマナーを、ツナや島豆腐と炒めるととてもいい味になります。
【販売時期:10〜7月】

青パパイヤ 南国のフルーティーなシャキシャキ野菜

498円(税込)
沖縄では野菜として食べることが多い青パパイヤです。
千切りにするとシャキシャキとした食感と香りが良く美味しいです。
【販売時期:通年】

島オクラ やわらかくて美味しい丸オクラ

278円(税込)
沖縄で栽培されてきた島オクラは断面が丸い丸オクラ。
角オクラよりもやわらかく、ほんのりとした甘みが美味しいオクラです。
【販売時期:7〜11月】

ジュビン(つるむらさき) カロテン、ミネラル豊富な元気野菜

298円(税込)
さっと湯がいてお浸しにするとねばりが出て美味しいですよ。
ネバネバ元気野菜で健康な食生活をおくりましょう。
【販売時期:6〜12月】

モーウィ(赤毛瓜) 宮廷料理に用いられた瑞々しい瓜

398円(税込)
モーウイは見た目に似合わず、瑞々しく美味しい上品な瓜です。
サラダや漬物にもぴったりの島野菜です。
【販売時期:5〜12月】