RSS

琉球ガラスの引き出物、ギフト、お祝い

島にんにく ガツンとくる香りと辛み

島にんにく

ガツンッと香りと辛みの島にんにく。
沖縄の小粒なにんにくです。
普通のにんにくでは物足りない方に、おすすめです。

島にんにくとは

島にんにく  沖縄の島にんにくは、一般的な北方系にんにくと少しことなり、たくさんの小鱗片ができる南方系にんにくです。農家の話では、小粒なにんにくがいっぱい出来るので縁起のいい子宝のにんにくという話です。
 沖縄での方言は「ヒル」と呼ばれています。日本古語と同じですね。
 沖縄では15世紀半ばには各地で栽培され、鱗茎だけでなくにんにく葉も食べられてきました。

島にんにくのおすすめポイント

・島にんにくは香りがよく、食欲を誘う香りが広がります。
・色々な料理の脇役から、塩漬けや焼きにんにく等の主役にもどうぞ。

今期の島にんにくの販売は終了しました
農産物シーズンオフ

・収穫が始まるまでしばらくお待ち下さい。
・ご注文受付は年明け3月頃を予定しております。

島にんにく ガツンとくる香りと辛み

価格:

480円 (税込)

[ポイント還元 4ポイント~]
購入数:
受付前・在庫切れ
友達にメールですすめる

4月中旬ぐらいまでの、島にんにくは皮(鱗片)がやわらかく、新玉ねぎのようのにジューシーでシャキシャキと楽しめます。また、その時期ぐらいから結球して締まってきますので、通常のにんにくのように保存がきくようになります。

島にんにく

島にんにく 【内容量等】1袋200g前後(約2~5株)
【食べ方等】薄皮を剥き食す。薬味、炒め物、ホイル焼き、にんにく酒、醤油漬け等
【保存方法】風通しの良い所で保存。長期保存する場合には、冷蔵庫の野菜庫で保存(冷えすぎないようにしてください)。
【日持ち等】若掘り(3月〜4月中旬)冷蔵:1ヶ月程度。結球(4月中旬〜5月)常温:1ヶ月半程度、冷蔵:2ヶ月程度
【販売時期】3~4月

島にんにく ※農産物の形状は個々により異なります。
※日持ちについては目安です。保存条件により前後します。
※外皮に少しカビが生えることがありますが、中にまで浸透していない場合には大丈夫です。
※受取遅れによる傷みは返品・交換できません。
※クール便と同封の場合には冷蔵庫で保存してください。
※農薬をほとんど使わず栽培されているため、まれに虫等が着いていることがあります。また、化学薬品で養液栽培された水耕栽培と違い、畑での土耕栽培のため、畑土が着いていることもあります。全て取れきれないため、気にされる方はご遠慮下さい。

島にんにくの栽培

島にんにくの収穫時期

島にんにくの栽培時期と旬
※島にんにくは干すと保存がきくので、夏まで出回りますが、旬は3~4月です。この時期のにんにくはみずみずしく、摺り下ろしたり、スライスにすると香りも良く、料理の味が引き立ちます。

島にんにくの栽培風景

島にんにく  島にんにくは10月中旬頃、一つ一つ丁寧に小片を植えていきます。にんにくの塊をくずしながらなので、手間のかかる作業ですが、香り高く美味しいにんにくを育てるためには手を抜けない作業です。

島にんにくの料理・調理例

島にんにくと鶏の炒め物

にんにく炒め  さっと作れるビールのお供です。にんにくの香りが食欲を誘います。
材料(2人分):
 島にんにく    半玉(5~6小片)
 鶏むね肉     30g
 塩・こしょう   少々
1)島にんにくの皮を剥きます。鶏肉は食べやすい大きさに切っておきます。
2)フライパンにバターをひき、溶けて湯気が出てきたところに、島にんにくを入れます。
3)島にんにくの表面が少し黄色になり、透明がかってきたら、鶏肉を入れ、火が通るまで、フライパンを揺らしながら炒めます。
4)鶏に火が通ったら、塩・こしょうで味を整えて完成です。
にんにくのいい香りがして美味しいです。

島菜のペペロンチーノ

島にんにくを使った島菜のペペロンチーノ  島にんにくの香りが食欲を刺激します。
1)島にんにくの薄皮を剥き、スライスします。乾燥唐辛子を3切れぐらいに切り分けます。
2)島菜を食べやすい大きさに切り、椎茸もスライスします。
3)フライパンにオリーブオイルをひき、島にんにく、唐辛子を色が変わるまで炒めます。
4)唐辛子を取り出し、島菜、椎茸を入れ、炒めます。
5)塩こしょうで味を整えて完成です。
 ご飯の上に乗っけても美味いです。
 島にんにくは南方系の小さいにんにくですが、香りがいいにんにくです。

ガーリックライス

島にんにくのガーリックライス 1)島にんにく3片の薄皮を剥き、スライスします。
2)レタス3枚をみじん切りにします。
3)フライパンに油を引き、島にんにくの表面がキツネ色になるまで炒めます。
4)ミンチ肉10gを入れ、軽く火が通ったら、レタスを入れしばらく炒めます。
5)ごはん1合を入れ、まんべんなく広げたら、溶き卵とともに炒めます。
 なかなか食が進まない時も、にんにくの香りで美味しくいただけます。

ハツの島にんにく炒め

ハツの島にんにく炒め 1)鶏のハツ(心臓)を半分に切り、中の血を取り除きます。
2)島にんにく2欠片の皮を剥き、スライスします。
3)ハツと島にんにくを交互に混ぜ、塩を適量振りかけて、2時間程度寝かせます。
4)フライパンで炒めて完成です。

食べる直前に島にんにくを摺おろしてかけると更に美味しくなります。

沖縄そばでペペロンチーノ

島にんにくと沖縄そばでペペロンチーノ 1)ニンニクを2片ほどスライスにします。
2)乾麺の沖縄そばなら、お湯でもどしておきます。
3)フライパンに油を引き、ニンニク、乾燥唐辛子を少し炒め、ニンニクの表面がキツネ色になったら、沖縄そばをいれ、全体に絡め、最後に塩・コショウで味を整えたら完成です。

青菜炒め

島にんにくで青菜炒め 1)島にんにく1片をスライスします。
2)小松菜3株(50g程度)は食べやすい大きさに切ります。
3)フライパンに油を引き、島にんにくを軽く炒め、小松菜を入れ、全体に火が通るぐらいに炒めます。
4)塩をひとつまみ程度入れ、大さじ一杯程度の水をかけ、軽く煮て完成です。
塩だけのシンプルな味付けですが、島にんにくの香りと味で美味しくいただけます。

島にんにく ガツンとくる香りと辛み

価格:

480円 (税込)

[ポイント還元 4ポイント~]
購入数:
受付前・在庫切れ
友達にメールですすめる

にんにく栄養価

にんにく栄養成分表

にんにく栄養価

にんにく/りん茎/生 ※五訂増補 日本食品標準成分表より

島にんにくをクラッシュ  にんにくはスタミナ野菜といわれているように、ビタミンB群が豊富に含まれています。特にビタミンB1、B6、パントテン酸は、他の野菜よりも多く、これらのビタミン類は、ビタミン飲料でも有名な成分ですね。また、カリウムやリンなどのミネラルも豊富に含まれています。また、にんにくの殺菌成分は有名ですね。
 にんにく特有の香りのもとはアリシンという物質です。これはビタミンB1の体内への吸収をよくし、その作用を増加させます。まさにスタミナ野菜ですね。

 にんにくは、日本本土では「本草和名」(918年)の記述が最初ですが、少なくとも1000年以上前から薬用として栽培されていたとみられます。にんにくには数々の薬効が認められており、古来から強壮、強精薬として用いられてきました。
 にんにくは、中央アジア原産と推定されていますが、すでに紀元前3200年ころ古代エジプトでは利用されていたそうです。

島にんにく参考文献

島にんにくの雑学

 にんにくは、その香りや成分のおかげで、お米と一緒に入れておくと、お米の害虫が寄りつきにくくなります。我が家でもにんにくや唐辛子をお米に入れ、夏にお米の害虫対策をしています。

島にんにく ガツンとくる香りと辛み

価格:

480円 (税込)

[ポイント還元 4ポイント~]
購入数:
受付前・在庫切れ
友達にメールですすめる

こちらもおすすめです。

沖縄の伝統野菜色々島野菜詰め合わせ オススメ

1,980円(税込)
沖縄で昔から作られている「島野菜」を詰合せにしました。
季節に応じて島野菜7点(4~7種類)を沖縄からご家庭にお届けします。
バラエティにとんだ野菜が入って楽しいセットです。
【販売時期:通年】

島らっきょう 爽やかな香りと辛みの沖縄のらっきょう オススメ

480円(税込)
香り良し、歯ごたえ良し、味良しの沖縄特産の島らっきょう。
一夜漬けや、かつお節と炒めたり、天ぷらにしても美味しいですよ。
【販売時期:2~5月】

ゴーヤー(苦瓜) 栄養たっぷり本場沖縄産

280円(税込)
南国の太陽の恵みをたっぷり浴びた沖縄産のゴーヤーです。
沖縄産のゴーヤーで本格的にゴーヤーチャンプルーを作りませんか。
【販売時期:通年】

ハンダマ 目にやさしい紫の葉野菜 新着商品

280円(税込)
ハンダマは表が緑、裏が話題のアントシアニンの紫の葉野菜です。
加熱すると少しヌメリがでるネバネバ健康野菜です。
【販売時期:10~7月】

シカクマメ(四角豆) 見た目がワイルドな菜豆

280円(税込)
シカクマメは見た目が野性的なすごく変わった豆です。
莢ごと食べられ、味はあっさりとしてほんのりと甘みのある菜豆です。
【販売時期:7~12月】

ンジャナ(苦菜) 疲れた胃腸に苦味の滋養 新着商品

280円(税込)
ビタミンCやカロテン、カルシウムが豊富で苦みが特長の葉野菜です。
古くから薬草として風邪の諸症状や胃腸にも良いと利用されてきました。
【販売時期:通年】

シマナー(島菜) 沖縄の代表的な葉野菜

280円(税込)
シマナーは、からしなの一種で、塩漬けしたものをチキナーとも呼びます。
塩揉みしたシマナーを、ツナや島豆腐と炒めるととてもいい味になります。
【販売時期:10~7月】

青パパイヤ 南国のフルーティーなシャキシャキ野菜 オススメ

480円(税込)
沖縄では野菜として食べることが多い青パパイヤです。
千切りにするとシャキシャキとした食感と香りが良く美味しいです。
【販売時期:通年】

ナーベラー(食用沖縄へちま) トロッとしたなめらかな食感 新着商品

280円(税込)
ナーベラー(沖縄へちま)は沖縄料理の定番野菜です。
トロッとしてゼリーのような舌触りで、ほんのりと甘みがあります。
【販売時期:通年】

島オクラ やわらかくて美味しい丸オクラ オススメ

270円(税込)
沖縄で栽培されてきた島オクラは断面が丸い丸オクラ。
角オクラよりもやわらかく、ほんのりとした甘みが美味しいオクラです。
【販売時期:7~11月】

ジュビン(つるむらさき) カロテン、ミネラル豊富な島野菜

280円(税込)
さっと湯がいてお浸しにするとねばりが出て美味しいですよ。
ネバネバ元気野菜で健康な食生活をおくりましょう。
【販売時期:6~12月】

モーウィ(赤毛瓜) 宮廷料理に用いられた瑞々しい瓜

380円(税込)
モーウイは見た目に似合わず、瑞々しく美味しい上品な瓜です。
サラダや漬物にもぴったりの島野菜です。
【販売時期:6~11月】

ページトップへ